巻物

オリゴ糖

オリゴ糖の摂取で腸内環境が快調

オリゴ糖の効果について考えてみます。

ホーム

オリゴ糖の摂取で腸内環境が快調

食事内容に気を付け、適度な運動もしているのですが、長い間便秘に悩まされてきました。便秘になればおなかに空気もたまるし、体はむくむし、ひどいときは頭痛もありました。体全体が重くなるので、どうにか腸内をきれいにしたい、正常な働きを取り戻したいと思い、腸内環境に良いというオリゴ糖を摂取してみることにしました。オリゴ糖といっても、粉末やサプリになっているものがあるので、簡単に毎日摂取できます。決まった時間帯に摂取するようになると、まずはお通じが以前に比べて回数も増え、スムーズになりました。オリゴ糖自体が自然な成分ですので、体にも違和感がないですし、お通じもおなかが痛くなるようなものではなく、朝ごはんを食べると自然に感じるので安心できました。お通じのほかにもおならも臭いや回数も減って、腸の中がすっきりしているんだなと実感できました。においも軽減されて、おなかのぽっかりもへこみ、腸の中に不要なものが溜まっていないので体も軽くなりました。腸内環境が整うと、お肌もくすみがなくスッキリ明るくなり、体の巡りも良くなって冷え性もかなり楽になりました。腸内環境って体の様々なところに関係しているんだなと改めて実感しました。他にも腸内環境に良いと言われる乳酸菌なども摂取してきましたが、腸までしっかり届いているのはオリゴ糖の方だと感じます。効率的に届いて働いてくれるので、より多くの効果を実感できてオリゴ糖の威力のすごさを痛感しています。

オリゴ糖の腸内環境改善の効果

身体の中からキレイになりたくてオリゴ糖を試してみました。腸の善玉菌の餌になるオリゴ糖は腸内環境を整えるために良いとは聞いていましたが、美味しいオリゴ糖で本当に腸内環境を改善することができるのか、ちょっと疑問に思っていました。

でも、実際に摂ってみて、なんだかお腹スッキリな感じになってきたので驚いています。

私は便秘気味なのではなく、少しお腹が緩い系なので、はっきりとした違いがあったわけではないのですが、なんだかスッキリ感が増しています。お通じがあるといっても、お腹が緩いと健康な感じではないので、やっぱりスッキリ感がありません。これは他人に説明するのが難しいのでちょっと困るのですが、お腹が緩くても腸内環境は悪いと思うので、そのせいか肌の調子もよくありません。それがオリゴ糖を摂るようになってから、ちょっと変わってきました。

腸内環境を整えるためにヨーグルトも摂っているのですが、ヨーグルトをちょっと温めてホットヨーグルトにして、そこにオリゴ糖を入れて食べるようになってからお腹の調子が良いです。お腹の緩いのが改善されてきたせいか、気になっていた冷え性のほうもちょっとだけ改善されてきているように感じています。

オリゴ糖ならちょっと甘さを足したいときに気軽に使えるし、甘いものが腸内環境改善に効くならご褒美のうえにご褒美が重なるような感じで幸せです。特別な健康食品やサプリメントというよりも、調味料の延長で使えるところも気に入っています。

腸内環境を整えるビフィズス菌のえさのオリゴ糖とは

腸内環境を整えることで免疫力を上げて、健康維持をすることがクローズアップされています。腸内環境を整えて、便通をよくして余分なものを体外に排出して、体に必要な血液のなかの好影響ある成分だけを吸収して血流をよくして細胞を活性化することで体の免疫力をあげていきます。この腸内環境を整えていくのに適しているのがビフィズス菌などn善玉菌です。しかしこの善玉菌を毎日の食事でとるにはたいへんで、とれたとして胃酸なのでやられてしまい腸まで届かないことが多いです。そのために腸内で善玉菌が減少してしまいます。それを防止するために腸内善玉菌を増やすことが必要で、体外からなかなかとれないために善玉菌に栄養分を与えて増やすと考え方です。そのえさとなる栄養分がオリゴ糖です。オリゴ糖は砂糖と違って善玉菌のえさになるもので多少多くとっても体に吸収されないので、糖質をとることで太るとの心配がないです。むしろ多く取ることで善玉菌を増加させて活性化して、腸内環境をよくしたほうがいいです。現在ではシロップタイプのものがあり、これは菌ではないので熱を加えても死滅しないので料理にも使えます。コーヒーや飲料にいれて飲んでも甘味料がわりに使えます。ただしあまり過剰摂取するビフィズス菌が増えすぎて腸内環境がよくなりすぎて、便通がよくなるのとおりこして下痢にもなりますので毎日適量を摂取したほうがいいです。人によって目安はx違いますがスプーン2杯ぐらいがよく、コーヒーにいれるなどしたほうがいいです。

手裏剣


Copyright (C) 2014 オリゴ糖の摂取で腸内環境が快調 All Rights Reserved.
巻物の端